2011年10月アーカイブ

tumor returns

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8709-800.jpg

行かないと、遠い。
行くと、近い。



気づいたらまた左手首にしこりが。
ブログ内検索で"静脈"っていれたら、3年前の自分がはしゃいでた。


mornin's comin'

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7521-800.jpg


風邪ひいた、よーし気合入れて寝込むぞと思った時に限って、うつらうつらのタイミングでバンバン電話がかかってくる


久しぶりに、ゲロ吐くかと思うぐらい走った、というか、登った


ate a bit too much

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9139-1351.jpg



昼飯は「御影高杉」の持ち帰り不可のミルフィーユ。
3時のおやつは、「赤萬」の餃子。
岡本商店街の「GLAMOURDISE」でマカロンを買って帰ったら、
「はらロール」のロールケーキが同着ゴール。
会社で大量のそばめしを作ってつまみ食いして帰り、
晩御飯は宅配のピザ。



調子悪くなった外付けHDD「cg-hdc4eu3500」の復元。
とりあえず、丸4日経っても終わらない。

IMG_4492-800.jpg

夏めいた写真は早く載せてしまおう。


バックアップが不完全な状態の外付けHDD(RAID1構成)がトラブって、ちょっと大変でした、というログ。


2TBのHDD2台でRAID1を組んでいた「cg-hdc4eu3500」がどうにも遅いのでベンチマークテストをしたらなんと3MB以下。

eSATAでつないでいるのにいくらなんでもこれは遅すぎる、と思って、(今から考えると愚かすぎる対応だが)デフラグやエラーチェックなどバンバン試みると、デフラグはなんとかできているのに、エラーチェックは途中で止まってしまう。

今思うと、まだ読み取りができているこの段階で、別のHDDに全てコピーすべきだった。

で、あー、まずいまずい、と思っていたら、ついに例の「ファイルが壊れているか、ディレクトリが壊れているため読み取ることができません」表示が出て、HDD内のデータアクセスが不能に。(不思議なことに、この時点で「cg-hdc4eu3500」の表示にはエラー等なし。)

ここでてんぱった自分は、HDDの片方を「cg-hdc4eu3500」から取り出し、デスクトップのタワー内のケーブルに直つなぎ。

RAIDを構成しているHDDなので、もちろん読めるわけなし。あきらめて「cg-hdc4eu3500」に戻してみたら、当然のようにエラー発生。出し入れしたHDDにエラー点滅が出て、「cg-hdc4eu3500」本体の表示にも、RAID構成エラー表示が。「RAID再構築中」と「HDDに障害が出ています」両方の意味を兼ねたランプが点滅し、どちらなのかわからないことに腹を立てつつ、その表示がRAIDの再構築であることを祈りながら就寝。

9時間後、なぜか夜中3時に目覚め、「cg-hdc4eu3500」を見てみると、RAID再構築のランプは消え、外見は正常に。「おおー!荒療治が功を奏したか!」と希望を持つが、PCを立ち上げてみると、あいかわらずアクセス不可能。愚かな直つなぎだけは復旧してくれたらしい。

ここで、今更ながら、ファイナルデータでクラスタスキャンを実施。手元に7.0があったが、なぜか止まってしまうので、無料体験版をDLし、動くことを確認してから9.0を購入。

実際スキャンを初めて見ると、予定時間は40時間程度と出ていたが、
「クラスタスキャンは、非常に時間がかかります。クラスタスキャンをキャンセルしても通常の削除ファイルは、検出できますので、キャンセルをクリックして、復元したいファイルが表示されるかを確認することで復元時間を短縮することができます。」
とファイナルデータのサイトにあったので、2時間ぐらい経ち、ファイルの数が全然増えなくなったところで一旦バツンとキャンセル。こういう堪え性がないところがパソコンとか合わないなあ、と思いつつ。かさぶたを剥いてしまうタイプ。

で、ファイル名までぐちゃぐちゃになったファイルがばんばん出てくるんだろうと思っていたら、なんと全てばっちり出てきてびっくり。しかも、ディレクトリ構造まで。

とりあえず買ってきた2TBの外付けHDD(IODATA 「HDD 2.0TB HDJ-UT2.0」-USB3.0対応)にデータを復元。「HDD 2.0TB HDJ-UT2.0」は、ついでに買ってきたUSB3.0ポート増設のPCIExpressインターフェースボードにつなぐが、「cg-hdc4eu3500」が相変わらず3MBしか出ていないので復元スピードは爆裂遅い。いつ終わるか見当がつかないが、復元は順調にできているので、ひたすら待つ。


無事データは取り出せているものの、なぜ読み書きが遅くなったのか、障害はどこに出たのか、一体何が問題だったのか、不明なまま。
RAIDアレイ(というのかな)に障害があったということなら納得がいくのだが、PC側から見たときに「cg-hdc4eu3500」は一貫して1つのドライブとして見えていたので、RAID構成は壊れていなかったということなんだろうけど。

「cg-hdc4eu3500」には、それがないと死ぬという程のデータは入っていなかったものの、一部バックアップを取ってないものもあって、久しぶりにパソコン関連のことで憂うつな時間を過ごした。これまで何度も痛い目にあっているのに。
というわけで、はっきりしている問題は、バックアップは必須だということ。人生何度目かの学習。


それにしても、自分にとってRAIDが必要なものなのか、いまいちわからなくなってきた。
RAID1でミラーリングしたところで、今回のように論理的な障害(だったのか?)には無力。また、どうやらRAIDはフォーマット形式の段階から違っているらしいので、PCのタワーに直接つないでデータ読み出すなんてこともできない。(今回、知らずにやってしまって冷や汗をかいたが。)それに、別HDDにコピーを取っていても、つないでいたら停電とか落雷で全部やられてしまうこともあり得るし、アクセス頻度の低いHDDを普段からつないでいたら、無駄に寿命が短くするだけのように思う。

バックアップを取ったHDDなりのメディアを、PCにつながずにしまって置き、必要に応じて同期させるのが、一番安全で、HDDも長持ちする方法なのではないか、と個人的な結論。


今回買った物


・IODATA 「HDD 2.0TB HDJ-UT2.0」
・PCIExpress用 USB3.0 増設インターフェースボード (2ポート搭載)
・ファイナルデータ9.0プラス特別復元版
・Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps 「WD20EARX」を2つ

「WD20EARX」は「cg-hdc4eu3500」に再び入れて運用しようかと思ったが、「cg-hdc4eu3500」自体に異常がある可能もあるし、「cg-hdc4eu3500」の評判も実はあまりよくないようなので、買い替えを考えている。

HDDなんて、一旦エラーが出てしまうと問題が特定できない以上、周辺全体が怪しい。一旦崩れた信頼はもうなかなか回復しないところはなんだか人間関係のよう。


this feeling

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8908-800.jpg


最近、仕事でいわゆる"団地"を訪れている。
田舎の一戸建て、大自然の中で育ったので、
マンションとか、特に団地に住むってのは、
全然しっくりこない、というか
むしろ勇気がいる。
なんだか、体の力が吸われてしまうような感じがする。

something is off

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9115-2272.jpg


バッテリー交換していたバイクを持って帰ってきた。

バイク屋の親切な兄さんが、
「1年ちょっとでバッテリーを交換することになるなんてもったいないです」
と、色々と教えてくれた。(説教だったのかもしれない。)
タイヤの空気がありえないほど抜けていたこと。それで、2ケツするなんてありえないこと。(多分だからよろけたんだ。)乗らずにおいて置くと空気はより抜けること。
バッテリーはエンジンかけるときが一番電圧減るから、それをもとに戻すために一旦エンジンかけたらきちんと"距離"を走ること、などなど。

要は、もっと走りなさいということなんだが。いや、分かってはいるんだが。道を間違えたり、スピードが上げられなかったり、色々大変なのだ。

その帰り道、ありえない道間違いをしてとんでもない大回りをする羽目に。あー、やっぱり向いてない、とあらためてがっくり。


battery

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8494-800.jpg


バイク。
1年ちょっとしか経っていないのに、
あまりに乗っていなかったために、
バッテリーを交換する羽目に。

今回、バッテリーというもののあり方に関する理解が少しだけ深まった。
授業料高すぎ。


数日前に、Amazonから「Kindle Fire」が発表され、
これはもう、iPad2があるからぜんぜん欲しくはないのだが、
全く気づいていなかった
新型の「kindle」が欲しすぎる。
軽くて、シンプルで、安くて、かっこいいだけなのだが。

now is the time

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8680-2200.jpg


いずれもう一度この本を読む時には、多分理解できるんじゃないか。
と思いながら理解しないまま読み終え、
結局読み直していない本がこれまで山ほどあった。

その時読んでいる本は、全力で理解して、覚えないと駄目なのだ。

最近、
新たなことを学んでいないというか、
すでに知っていることを食いつぶしているだけのような気がする。
吐き気がするほど勉強しないとだめなんじゃないか。


海中では、
赤色ががんがん吸収された結果、
たいていのものが青がかって見えているわけだけれど、
そこにライトで光を当てると、
こんなに鮮やかだったり、
カラフルだったり、
実はこんな色だったり、
やっぱり地味な色だったりする世界が見える。
その彩りの程度は非常に甚だしいので、
そこに魅力があるのはわかるのだけれど、
何もしなければ
人間の目には青に見えるという状態は
それはそれで真実であって、
ある程度大切にしたほうがいいような気がする。


海の生き物にとって、海の中は色鮮やかな世界なんだろうか。


jumpstart

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8936-750.jpg


夏休みの石垣の旅程メモを残しておかないと、と思いながら、もう数日が経ってしまった。


やっぱり久しぶりすぎて、
やっぱりバイクのエンジンかからず。

一人で押しがけしてもどーにもかからず、
napの矢崎さんに手伝ってもらってようやくかかった。

やっぱりいろいろと勘違いしており、
いろいろと勉強になりました。

もう少し自己完結できるよう、気をつけます。
(と、いつも思う。)

broken

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8576-800.jpg

断片的に見た石垣の海は、砕けたサンゴがびっしり。
台風で砕けたり、ダイバーに蹴られたり、食べられたり、色々だろうけど。


未来とか、愛とか、つながりとか、
そういうのは苦手。

201101001

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9500-800.jpg

今日はワイン会でした。


料理がどんどんよくなっている、と思う。

Archives

Access Count

  • Total[]
    Today[]
    Yesterday[]
    Thie counter is since 2007/08/25