2009年12月アーカイブ

?

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0587-800.jpg

実はこのカレーが、
無水鍋初料理。
でも、無水鍋でなくたってかまわない料理。

最近、キーマカレーとはなんてすばらしい、と思っていて、
それはどうやらひき肉のせいなので、
合びき肉とカレー用の豚肉を買ったら、
実は黒豚だったその豚バラの値段にちょっとびびったが、
デパ地下の量り売りのところで
「あ、やっぱ高いからいいです」
とは言えなくて、
なんだか高いカレー。
そしてやっぱり、ひき肉の入ったカレーはすばらしい。


コンパクトカメラを買う旅は、
キヤノンのS90に落ち着いた。
ノイズ除去性能などを含め、吐き出してくる画像の質を一番に考えたら、
多分もっともすぐれた"小さなコンパクト"だ。
ヤマダで売り切れだったが、アマゾンで注文したら翌日に届いた。
在宅さえしていれば、佐川もすてたものではない。

当初はちょっと盛り上がっていたけど、
コンパクトを探していた店頭で手に取った7Dの感触に
すっかり「一眼をもう一台買いたい!」モードになってしまったため、
S90を買うのなんてとてもつまらなかった。
必要だから買う、というだけの買い物は、はっきり言って苦痛だ。

1DMkIVのスペックをもったコンパクトとか、出ればいいのに。
5DMkIIでもいいぞ。


↓独り言です。

かつてないほど、写真が撮れない。わからない。
撮る前も、
現場を見たときも、
ファインダーを覗いて撮ってる最中も、
撮った後も、
それでいいのかちっともわからない。
だから、いつでも不安でたまらない。

以前は、
わからないなりに"ここがthresholdだ!"的なことは見えていた、
というか見えてたつもりではいられたから、
まあ、ある意味手を抜くようなことさえあったかもしれないのに、
最近そんなものは全然わからないので、
てさぐりの中で失敗するという最悪の状態。
後輩に「最近ワイドに頼りすぎだ」と酷評され、
モチベーションもぐるぐると下がっていって、
性質の悪いスパイラルに。

苦しいぞ。
そんな感じで2009年が終わっていく。

eve eve birthday 2

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0925-800.jpg

tooth tooth のイチゴのたると。
ナイスチョイス。

つーか、肉やらケーキやら、よく食べた。

運動しないと。。。
でも、コンパクトカメラ品切れだったから、
走るのはまだ無理だな。


残ってたシャンパン飲んでしまった。。。
明日仕事なのに。。。


eve eve birthday

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も肉を焼きました。
もちろん、無水鍋を使って。
無水鍋の無水という部分はまったく生かされていないけれど。


IMG_0727-800.jpg

漬ける。

IMG_0791-700.jpg

包む。
中身はダイスに切ったカボチャを入れたピラフ。
栗を買いに行くのが面倒で、カボチャで代用。
無水鍋はオーブンの中へ。

IMG_0820-800.jpg

焼ける。
オーブンの中の、無水鍋の中で。

IMG_0863-700.jpg

切る。

IMG_0872-800.jpg

開く。


IMG_0879-800.jpg

盛る。

全体的に味が薄かった。


コンパクトカメラを買おうと決め、
一週間弱、いろいろ調べまくって、
よしこれだ!と決めて、
今日ヤマダデンキにいったら、
売り切れ、在庫なし。

人生なんて、そんなもの。

cooking

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0829-800.jpg

おでんを煮込んでいるところです。


神戸の南京街の外れ、
というか、元町商店街沿いというか。
そのあたりに、Napというレストラン的な地下空間があって、
最近、昼飯を食べに行くことが多くて、
ついに今日、秘密の儀式を目撃。
たぶん、忘年会で振舞う予定のおでんを煮込んでいるのだろう。


まあ、実のところは、
お客さんがかぶってきてた豚の帽子をかぶってみたところなのだけれど、
俺には巨神兵のようにしか見えない。

musui

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0377-800.jpg


ボーナスが出たので、ささやかにこの無水鍋を買った。


最初はこんなもの買う予定ではなかったけれど、
・米を炊くことができ、
こういうグリルに使えて、
・焼き芋ができて、
・揚げ物もできるし、
・無水鍋だからもちろんごく少量の水で野菜を調理できて、
・茶碗蒸しも作れるらしいし、
・IH対応で鍋だってできる、
ので、買ってしまった。

最初は、鍋ができてオーブンに入れられる(つまりプラスチックの取っ手とかがついていない)調理器具を探していたのだけれど、その2つを満たした上で、米まで炊けるので、バンバンザイ。

俺は、こういう非の打ち所のない(まだ使ってもいないが)道具というのが大好きだ。
無骨で、素朴で、多分長持ちする。
ゆるんでくるリベットもないし、はがれてくるフッ素加工もされてない。
素敵だ。

帰りにnapに寄って、自慢した。


今日、レーシック術後3ヶ月の検査に行ったら、
右目の視力がイマイチ回復していないので、
そっちだけ再手術しましょうね、ということになった。
結構簡単に言うなあ。
ある程度メンドクサイのだが。


nap crab club

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8569-800.jpg



カニを食べに、
20人でバスに乗りこんで、
朝8:30発の日帰りで、
城崎に行った。

行きのバスの中、
隣の人に「寝るな」と頭を叩かれたり、
クイズをすることになったり、
60秒数えるゲームをしたり、
3回もトイレ休憩があったりした。

旅館についたら、
カニの要するに懐石で、
カニの刺し身とか、
カニのゆでた(?)のとか、
カニの焼いたのとか、
カニの茶わんむしのとか、
カニの甲羅の中でミソがぐつぐつしてるやつとか、
まあ、よく食べて、
フルマラソン走りきった感じのところで、
山盛りのカニなべ(カニすき?)が始まる。
「カニは別腹」とかいう、
カニを食べ続けているのにわけのわからない迷言まで飛び出して、
雑炊までしっかり食べる。

食後、
まさに「甘い物は別腹」な旅が始まり、
つかりながらアイスクリームが食べられるという足湯を目指すが、
そこは外湯の並ぶ温泉街の反対側で、
めっちゃ遠い。(15分くらい?)
おまけに雨はぱらぱらしてくるし、
「俺一人だったら間違いなくこんな遠くまで行かない。
っていうかバスの中で寝ている。」
と思いながら、ひたすら歩を進める。
到着してみたら足湯は男の集団で埋まっていて、
確かに俺も入りたくないくらいの男臭さ。

結果、
アイスも足湯も、
来る途中に通り過ぎてきたところで、
別々にすました。
めんどくさがりの俺が、
一人だったら間違いなくやらないことをすることになるのは、
一人でいない醍醐味なんだろう。
いい意味で。


参考
・「nap」主催
・川口屋城崎リバーサイドホテル

Kobe-full of lights

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7108-800.jpg


またルミナリエに行ってきた。
雨の初日は15万人そこそこで、
去年の初日の20万を下回っていたと誰かが言っていたけど、
天気のよい土曜日の今日は、
元町から南京街までどえらいことになっていた。
晩飯の材料を大丸で買おうと思っていたのに、
家と大丸の間が人の波で分断されていたので、
今日も外食。

飯を食い終わったら8時で、
もういけるかな、と思って行ったらまだ「60分」かかると表示されていたので、
迂回して東遊園地のスパッリエーラに直接向かう。
東遊園地のスパッリエーラはきれいなものだと思うし、
そこからのガレリア(光のアーチ)の眺めは、みっしりつまっていて、
美しい。
人の数もそれはもうみっしりしていて、壮観。

東遊園地は屋台がいっぱいでていて、
なんだか初詣のようだとか言っていたら、
スパッリエーラの真ん中にある宮殿が巨大な募金箱になっていて、
長い道を大勢の人がぎゅうぎゅう詰めで歩いてきて、
そこにお金を投げ入れている様は
まるで初詣。
募金箱の上につるされた鐘に硬貨があてて鳴らすんだそうだ。

one day to go

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7132-800.jpg

はじめてみるルミナリエの本番。
明日から。


あー、ねむ。
冬眠したいわ。

Archives

Access Count

  • Total[]
    Today[]
    Yesterday[]
    Thie counter is since 2007/08/25