2009年11月アーカイブ

evasive action

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_4296-800.jpg

夜のショーウインドウは面白いと思う今日この頃。
いや、これは店内か。


最近部屋の掃除ばかりしている。
これは偏に、
しないといけないとわかっている仕事があるのに
いまいちそれがはかどっていない時の回避行動に他ならない。

旅行の前とか、勉強しないといけない時とかの掃除と同じだ。


神戸に来て3/4年程経つ。
先日大阪の友人の結婚式に出て痛感したが、
仕事のしがらみのない友人が近くにいないのは
実にしんどい。
家で週に何度かしか晩飯を作らないのは、
メンドクサイ+シバラクスルトヤサイガイタム
に加えて、
ショウショウサミシイというのがある。

そもそも、自分だけのために飯を作るのは大嫌いだ。
自分しか食べないスープがふつふついっているのを見つめていると、
なんだかサミシサを煮込んでいるような気になる。
それを、特にタノシイとも思わずに胃の中に入れる作業。

1週間後、カニを食べに城崎へ行く。
実に楽しみである。

外出が伴う行動を楽しみにするということは
非常に稀なことだ。


ちょっと前までMixiで野菜を育てたりしていた。
一人で育てていても効率は上がらないため、
マイミクをそのアプリに招待したくなるように仕向ける手口、
興味深い。
が、表示される日本語があまりに"直訳"なので気になって調べてみたら、
なるほど、中国から提供されているソフトなのか。
誰か日本語チェックしろよな。。。

だからというわけでもないけど、
唐突に止めてみた。

ゲームは、ゲームにやらされるようになった時点でやめるべきだ。


2nd row

| コメント(1) | トラックバック(0)

IMG_4256-800.jpg


「Inglourious Basterds」を観て来た。

疲れた。ほんとに疲れた。
疲れる映画だった。
映画が終わった時点での感想は、"あー、やっと終わった。"

別に、前列2列目の一番右だったから首が痛かったからではなく。
結構グロくて、R-15なのもうなずけたけど、別にそれが理由だったわけでもなく。
後になって考えると、突っ込みどころ満載だったけど、
そういうことを考える余裕さえもあまりなかった。
とにかく疲れた。そういう映画だった。
少なくとももう一回見ないと、内容に関して何も言えない。よくわからない。

3章が終わった時点で席を立てば返金、とのことだったけど、
そこまではほぼ前フリなので、そこから見ないと意味がないだろう。


仕事を終えて家に帰ったら、
カノジョがミンスパイとアップルパイを作って待っていたが、
晩御飯は作ってなかったみたいだったので、
ちょっと困ってしまった。

野菜の買出しだけはされていたので、
そのラインナップから判断して、
鍋をすることにした。

本人がとても満足そうだったし、
道端でりんご売りから買ったりんごはとてもうまく煮られていたので、
それでいいのだろう。

余談だが、
料理が仕上がった段階でキッチンが綺麗に保てているということは
とても重要なことだと思う。
その点において、非常に満足だった。


機嫌が悪いとか、怒ってるとかではなく、
理屈っぽくなったり、なんにでも難癖をつけがちなモードの時があるらしく、
それは非常に迷惑なので、
今後はしないように、とカノジョと約束をした。

なりたくてなっているわけではないので、
無理なときもあるかもしれない。

IMG_4303-800.jpg


「いくら酔っても、もうおそわない。」

名言が飛び出した。
所詮酔っ払いが言っていることなので、
たいした意味はない。

大学生の時に、
ウーロンハイを飲みすぎて羽目をはずしてみっともなかったという話だった。
仕事の話をつまみにして飲んでいる時とは違う、
羽目の外れたゆかいな話だった。
羽目を外した彼は、その後半年間もそれを引きずったのだそうだ。
ゆかいだ。

「就職して以来、俺は全然面白くない。」

なんだかわかるような気がする一言。
右から左にものをうつしているだけのような仕事を5,6年も続けてきた今、
学生のころの話を掘り下げて尋ねてみると、なかなかに面白かった。
仕事に関する話をしていても、同じような"可能"と"不可能"でくくられた話に終始してしまう。
そんな枠組みなどなかった学生時代の話を思い出してみると、いろんな発見があるみたいだ。


先ほどカノジョと話し合いをし、
結論を出した。

明後日は、俺が観にいきたい映画を観ることになったのだ。
これまで映画の選択が最初の段階で一致したことは一度もなく、
さらに、
カノジョが妥協したことも一度もなかった。

初めての妥協である。
記録として、ここに記す。
書いておかないと、
忘れやすい俺はそんなことをすっかり忘れて、
大喧嘩になってしまうに決まっている。


Blue-rayDVDの「Star Trek」を買って、観た。
2009年の夏に公開されたやつだ。
カノジョの猛反発にあい、ことごとく鑑賞の機会を逃し、
結果、ウチのイマイチサイズの足りないテレビで観ることに。

ストーリーよりむしろ、場面毎のかっこよさに感動して、涙。
ワープする瞬間とか、トランスポートする場面とか、すげえ迫力。
うーん、大きなテレビが欲しい。。。

ストーリーに圧倒されてないのは、
やっぱりこのTOSというシリーズに思い入れを持ってないからだろうな。
残念ながら。
カーク船長やスポックはあまりに有名なキャラクターだけれど、
やっぱり俺の中ではTNGのピカードがベスト。

もしもTOS(The Original Series)をリアルタイムで見ていたら、
(といっても、生まれる前の放映だけれど)
もっと感動してたんだろう。

最近、エンタープライズ号の模型がひそかに欲しかったりする。
ふふふ。


しょうもないことだけれど、
意図的に光源をフレーム内に入れている撮影が多かった。
おかげでとても美しいシーンが多くあったし、
フレアやゴーストもきれいだ。
が、レンズが汚れているような光の斑点が目障りなほど多くて、
お金がなかったんだろうかとか余計なことを考えてしまった。

luminarie is on its way

| コメント(1) | トラックバック(0)

IMG_4245-800.jpg

いよいよ、来月。
実はまだ今まで見たことがない。
下見に行って、その配置を見て、いと驚く。
あ、道でやるのね。


心待ちにしていたエネループの新商品が11月14日に発売され、
通販で単3型を20コ買った。
充電器も1コ買って、合計3つ。

商品コードがHR-3UTG-4BPからHR-3UTGA-4BPに変わっている。
デザインはほとんど変わっていないため、じっくり調べてAの有無を確認することで、
充電回数が1000回なのか、1500回なのかを知ることができる。
充電回数が1.5倍になったということは、
販売価格が同じである以上、
実質、1/3安くなっている。

これで電池を買う頻度はぐんと低くなったわけだけど、
その後トイレにいって便器の前で、
「1回買ってしばらく次を買わなくて済むなんて、商売成り立つんかいな。」
と少々不思議に思ったけれど、
そんなことを考えたということを、
手を洗っているころにはすっかり忘れている。

電池を買っても、それほどうれしくない。
でも、電池をぽいぽい捨てる罪悪感から逃れられるのが
とてもうれしい。小さな人間である。
電池ぐらいどっしり構えてがんがん捨てられる
大きな人間になりたいものだ。


エネループやらサントラやらストロボやら小説やらBlur-ray DVDやらを
通販で立て続けに買って、
結果、ちっとも家から出てないことに気づく。
家から5分の書店で買える小説を通販で済ましてしまうのって、
なにかおかしい。

port tower

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_3881-1500.jpg

寒いし、風も強い。


風邪をひいて、
頭痛と発熱と回復を繰り返すような1ヶ月があって、
そんでもってここ数日は、
咳がひどい。
のどが裏返って出てきそうな咳が発作的にでるから、
外に飯を食いに行きにくいし、
本当に不便だ。

本当にしんどいのは頭痛のある頃だったが、
頭痛は外見からはわからない。
咳の場合はしっかりマスクをするから、
すぐに「家に帰れ」といわれてしまう。

まあ、
とんでもなく咳き込んでいるやつが同じ部屋の中にいたら、
それは確かにいやだろうけど。

なんか最近、
ほんとずっと寝てばかりいる。


最近買って、読んだり読んでなかったりする本
・白洲次郎「占領を背負った男」上・下 : 北康利
・次郎と正子 娘が語る素顔の白洲家 : 牧山桂子
・プリンシプルのない日本 : 白洲次郎
・What they yeach you at Harvard business school : Philip Delves Broughton
・The World is curved - Hidden dangers to the global economy : David M.Smick

moai's tear - 2

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_2062-800.jpg


moai's tear

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1619-800.jpg

かくしてモアイは結婚し、
僕は自分の人生における日本で初の結婚式に参加することになった。

披露宴と2次会と写真を撮ったら、
3次会に口がきけないくらい疲れてしまって、
新郎新婦になんだか謝られてしまったような気がしないでもないけれど、
実際のところ、
写真を撮ったら疲れたのではなく、
疲れてしまうほど写真を撮ったのだ。
相手によってずいぶんパフォーマンスが変わってしまう人間が、
へとへとになるくらい写真を撮るということは、
それ自体に意味がある。


IMG_2790-800.jpg

モアイの目にも涙、という格言は多分ないので、
そこに意味もないのだが、
モアイがなぜかおばあちゃんからの手紙(代読)で嗚咽をはじめ、
代読者も泣き始め、
俺もなんだか涙ぐんでしまう。

ふふふん、幸せになるといい。

water tank

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9926-750.jpg

この前、作って、最近主につけている、リング。
デザインはRING MAKERのサイトから、
っていうか、そのまんま。


コーナンに行こうと思って
地下の駐輪場から自転車を久しぶりに引っ張り出して、
さあ快調にこぎだそうとしたら
地面の起伏がダイレクトに伝わってくる具合がはんぱでなくて、
つまりいつパンクしてもおかしくなさそうで、
元町周辺にはあまり自転車屋がなくって、
これは空気入れを買うしかないと思い立って、
ひやひやしながらコーナンにたどり着いて、
空気入れコーナーを見てたら
世の中には結構いろんな空気入れがあって、
いろいろ手に持って真剣に吟味して、
これはどーなってるんだ、とかやってたら
盗難防止のやつがピロピロ鳴っちゃったりして右往左往したりして、
やっとのことで納得の空気入れを選んで、
レジを通過したところで、
あれ、俺は水槽を買いに来たんじゃなかったのかい、
と思い出す。


このブログのCSSがおかしくなってしまった。
トップページとか、ギャラリーとか、色がおかしい、配置がおかしい。

誰か助けてくれ。


Archives

Access Count

  • Total[]
    Today[]
    Yesterday[]
    Thie counter is since 2007/08/25