2008年11月アーカイブ

proof of adulthood

| コメント(2) | トラックバック(0)
IMG_1863-800.jpg

ニット帽のおっちゃんが上機嫌でこう言っていた。
「俺のおかげで、あいつ車買うゆうてたで。」

高級時計を身にまとった若者が、車を買おうと思っているらしい。
その理由が、ニット帽のおっちゃんにひとくくりでゴミ呼ばわりされたからだと言うのだ。


「サイキンのワカイヤツラはゴミみたいなやつばっかりや!!」
ニット帽のおっちゃんは飲み屋でそう叫んでいたらしい。

みっともないことこの上なく、考えようによっては30代後半のニット帽のおっちゃんも、
自らがもう"ワカイヤツラ"ではないという現実を受け入れたということなのだが、
それはまあ、いい。

ニット帽のおっちゃんの言い分はこうだ。
「サイキンのワカイヤツラはな、金を使わへんのや。
車も買わへんし、旅行にも行かへん。
最近あれや、ワカイヤツラが旅行に行かへんから旅行業界が困ってるって
そこらじゅうに書いてるわ!
そんで何してるかってゆうたらな、貯めとんねん。金を。
あいつもそーやし、あいつもそーや。
みーんな金使わへんやろ?貯めてばーっかしや。
若い頃に金なんか貯めとったやつなんか、ろくなやつにならへんで。
遊びにも行かんくせに金ばっかためておもんない大人になるやろ!?
だからあれや、

サイキンのワカイヤツラはゴミみたいなやつばっかりなんや!

最後の方は絶叫調だ。


後日、高級時計を身につけた若者にウラを取ってみる。
「え、そんなん関係ないで。
みんなが買わへん今やから、
買ったらおもろいかなと思って。」
「え?金使わんからおもんないっていわれて買うことにしたって?
あー、ぜんぜんちゃうで。それは関係ない。」

なんや、勘違いやないか。


それでも、ニット帽のおっちゃんの言い分はなんか当たってる気がしなくもない。
無茶できるってのはすてきなことだと思うし、
みっともないってのも魅力的。

若い頃だけしか無茶できないのかという点は疑問だけれど、
若い頃のむちゃくちゃさは後で役に立ちそうだ。

おっちゃんみたいに、みっともなくてむちゃくちゃな人間はうらやましいなあ、
と思った俺であった。

それでも、俺は大きな動産を所有するのは大嫌いなので、
車とか、絶対に買わないけど。


そんなことより、
俺はカメラを買う。
KissX2とそのハウジングと、5DMarkIIを買うのだ。


see unseen seeable scene

| コメント(4) | トラックバック(0)

TAK18914-800.jpg



「スペインの画家・サルバドール・ダリ。
スプーン(ペインティングナイフ?)を手に持ち、
キャンバスの前でイスに座って寝る。
レム睡眠で夢を見て、
ノンレム睡眠に移行した段階で
持っていられなくなったスプーンが床に落ち、
その音で目が覚める。
すぐに絵を描く。
こうして見た夢を創作活動に利用する。」

という話を例に出して、写真の芸術性をマイルドに否定する友人。

「こういった表現は写真ではできまい。
何しろ、目の前にあるものを撮る事しかできないのだから。
うわははははは。」

確かに。目の前のものしか撮りようがない。


この話を、いつも訳知り顔の後輩に話す。
その場ではすっきりとした返事は来ず、しばらくしてからメールが。

「最後の1マイルが長いんです。」

不十分な説明は罪である。


(「ラストワンマイル」:
 "通信"で、各家庭にケーブルを延ばす最後の部分が一番コストがかかる。
 また、
 商品を消費者に届ける最後の1マイルを担っている"流通"はとても重要。)


後日、問うてみたら、
「消費者に何かを欲しいと思わせるところまでいけても、
実際にその消費者に重い腰を上げさせて
来店させるのが大変。
その最後の1マイルという行動をどうやって促すか。
そこが大変なんです。
最後の1マイルが長いんですヨ。」

「だから、絵筆もカメラも
持った時点で最後の1マイルの段階だと思うんです。
創作は、道具を手にするずっと前に始まっているし、
そこまでのプロセスは、絵画も写真も同じなんですヨ。」

(↑こいつはメールの語尾をカタカナにする。
普段の話し言葉もカタカナに聞こえてくるから始末が悪い。
ゲジゲジ眉毛のくせに気持ちが悪い。)

言いたいことはわかったが、
1マイルのくだりのアナロジーが非常に粗悪だったので、
非常に悪質な感じで一蹴しておいた。

言いたいことはわかったので、それでよい。

それに実際、
シャッターを切るときには、
そんなことはあまり関係がない。

なにしろ、俺には写真のことなんてよくわからないのだ。

Invert

| コメント(0) | トラックバック(0)

TAK18461-800invert.jpg

アドビのフォトショップ。
家ではバージョン7.0を使ってて、会社ではCS3を使っているんだけど、
このズレが、ちょっとややこしい。

ディフォルトのまま使っているので、バージョン間でショートカットが微妙に違う。
非常によくつかうショートカットのひとつに「画像のサイズ」を変更するものがあるんだけど、
それが、
「Alt→I→I」(Photoshop7.0)

「Alt+Ctrl+I」(PhotoshopCS)
という風に変わった。
7.0での「Alt+Ctrl+I」は「ネガポジ反転」のショートカットになった。

だから、7.0を使ってる時にサイズ変更のつもりで「Alt+Ctrl+I」を押すと、
その時選択しているレイヤーが反転されてしまう。
ちなみに、CSでネガポジ反転するには「Alt+I」。

上の画像(もはや写真ではない)は、
そういった事故の結果。
ただのネガ画像、なんだけど。

もとのままの、青空も結構イイ。
また気が向けば。


崖のふちに立つ。
見渡す限り、海。

靴のまわりから、ぽろりぽろりと地面が崩れて、何にぶつかることもなく、そのまま海へ。
背中を押す、山からの風。
「えーい、もう思い切って飛んでやるか。」

という気持ちに、昨日なりました。

CANONの5DMarkIIを買う話です。
夕方に、非常に信用できる人が予約したという話を聞いたんです。
買うしかないです。

mackerel

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1166-800.jpg


My friend recently opened his new photo-site.
http://www.craiglittenphotography.com/main.php
He is the very person who took me to my very first news assigment
when I was a young intern at some local newspaper in the US.
Since then he has been my mentor.

I checked his website and I was like..."shit..." for at least two reasons.
The photos are very good as they always have been. That's one reason for sure.
And, the second reason is, by seeing his photos,
I found my recent photos have been missing candidness.
This is what happens every time I see his photos, realizing or remembering my weaknesses.
This time...candidness.

I think one of the greatness of his photos is the candidness.
As someone said, "documentary photograher should be able to become a wallpaper,"
and I guess he is either good at being a wallpaper
or very good at becoming a part of the community that he is photographing.

I think being candid in Japan is somewhat harder than in US
because of the peculiarity of Japanese people.
We are somewhat shy and exclusive people and it is hard to take candid photos
but I at least try hard to become a wallpaer.

Giving up without trying is a bad attitude.

am, was, and ve been

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1948-800.jpg


最近・・・


・・苦しんだこと。

久しぶりに風邪で寝込んだ。
せいぜい38度超えたぐらいだと思うんだけど、
なぜかやたら苦しい。
6時間ぐらい寝付けず、吐いて、
うんうんいったあげくに深夜の病院に行って、点滴。
カノジョが来てくれた。感激。
診療費一部入金として1万円払って、ふらふらと帰宅。
差額の清算にまた病院に行かないといけないのがめんどくさい。。。
自転車で5分なんだけど。


・・ほっとしたこと。

CANONで5DMarkIIを触ってきた。
前のモデルより増えた0.9コマにだまされてるのかもしれないけど、
レリーズの感覚、ましになってるような気がする。
変わってないはずなのに。。。
でも、なんだか買ってもいいような気分になってきた。


・・買ったもの。

仕事で使うカメラバッグを腰巻き(?)スタイルにするための一式。
腰に巻いたベルトに、小さなカバンをぶらぶらとするタイプ。
思えば、肩にかけるようになって4年。
体が傾いてきたような気がするので、アメリカの時の、ベルトで腰巻きスタイルに戻すことに。

肩にカバンをかけると、何かが肩にずっしりとのしかかってくるような気になる。
腰にベルトを巻いてカチリと留めると、気分が引き締まるような気がする。


・・思ったこと。

何だかんだ言って、今の会社でもう4年目。
自分より若い人たちに、言いたくないけど言わなきゃいけないこともあるんだよな。
でも、自分の言うこと、することは、すべて自分に撥ね返ってくる。
自分のことを棚にあげることほどみっともないことはないと思うから、
それだけは肝に銘じておかないと。
他人に何か言うってことは、自分を見つめ直すことなんでしょ、多分。


・・涙。

スーパーマンリターンズを観て、2粒。
純粋すぎる正義に。


・・悲しかったこと。

いきつけのダイビングショップの、懇意にしている店長さんが、
突然他店舗へ移動。
もともと関東出身の人で、「関西では、仕事以外で唯一の友人」と言ってくれていた(らしい)。
飲みに行こうと言っていたのも、潜りに行こうと言っていたのもどちらも実現しなかった。
2人とも、言うだけ言って予定を立てるのが好きでない性格だったと思うので、
実現しなかったのはむしろ当然のような気もするけど。

それにしても最近、大切な別れが続いている。


・・なんだか忙しい。

明日も早朝から仕事だし。
でも、誰かが言っていた。
"仕事の写真こそ自分と向き合わないと、写真がどんどん、
ほかの誰かが必要としている様子のものになっていくから。 (勝手に引用、公開)"

明日も頑張って仕事します。

続きです。

21IMG_8419-700.jpg

22IMG_8439-800.jpg

23IMG_8473-800.jpg

24IMG_8476-750.jpg

25IMG_8481-800.jpg

26IMG_8500-800.jpg

27IMG_8514-700.jpg

28IMG_8579-700.jpg

29IMG_8624-700.jpg

30IMG_8640-800.jpg

31IMG_8656-800.jpg

32IMG_8663-800.jpg

33IMG_8666-800.jpg

34IMG_8672-800.jpg

35IMG_8709-800.jpg

36IMG_8712-800.jpg

37IMG_8746-700.jpg

38IMG_8750-800.jpg

39IMG_8763-800.jpg

40IMG_8790-800.jpg

41IMG_8810-800.jpg

42IMG_8821-800.jpg

先月のFarewell Party。
誰が撮ったかわからないものがほとんど。
涙目、キス、メイド、モロ足、スカート、小悪魔、チャイナ、●●●●マン、その他。
クリックすると、ちょっとだけ大きくなります。

それにしても作品性のない写真群。
ま、思い出なんてそんなもの。

もっと大きいの希望、削除希望など、あればコメントしてください。

01IMG_8229-800.jpg

02IMG_8237-800.jpg

03IMG_8255-700.jpg

04IMG_8262-800.jpg

05IMG_8266-800.jpg

06IMG_8268-800.jpg

07IMG_8273-800.jpg

08IMG_8277-800.jpg

09IMG_8301-800.jpg

10IMG_8315-800.jpg

11IMG_8330-800.jpg

12IMG_8336-800.jpg

13IMG_8341-800.jpg

14IMG_8346-800.jpg

15IMG_8359-800.jpg

16IMG_8383-800.jpg

17IMG_8396-700.jpg

18IMG_8397-800.jpg

19IMG_8403-800.jpg

20IMG_8415-800.jpg

RAID1

| コメント(4) | トラックバック(0)

写真の保存場所として使ってきた外付けの1TBのHDDが
いよいよいっぱいになってきた。
1TBをRAID1でミラーリングして使っているので、実容量は500GB。
次は倍は欲しい!ということで、1TBの内蔵HDDを2つ買ってきた。
ついでに、「玄人志向」のSATA接続HDD用RAIDカード「SATARAID5-LPPCI」を買ってきた。
(組みたかったのはRAID1なので、なんでこのボードを買ったのか自分でもよくわからない。)
今のデスクトップの中に空きスロットベイが3つあるので、
そこにHDDを2つセットして、さらにそれをRAID1の組み合わせにすることにする。

・まずSATARAID5-LPPCIをPCIスロットに挿入。
(この写真、もうSATAケーブルをつないじゃってるけど、
本当はまだこの段階ではつないではダメ。)

IMG_8928-700.jpg

・パソコンを起動。まずはドライバをインストール。ウィザードが出るので、CDを入れて検索、インストール。

・次にRAID管理ソフトウェアをインストール。
場所は、CD内の、「■:\Raid5 SATA_4Port\SiI3114\Win2000_XP_2003\Gui」の「3114-W-I32-R_15150.msi」。
「SATARaid5Manager」がインストールされる。

・パソコンの電源を落として、RAIDカードにHDDをSATAケーブルでつなぐ。

・パソコン起動。さっきCDからインストールした「SATARaid5Manager」を立ち上げて、
「RAID Group」から「Create Raid Group」を選んで、必要な設定をしてRaidを設定。
(この段階ではExplorerからはHDDは見えない。)
要は、付属CD内のpdfを読めばいいということなんだけど、これが全部英語。
さすが玄人志向、といったところ。

・Windowsの「コンピュータの管理」→「ディスクの管理」で見てみるとドライブがひとつ見えている。
どうやらうまく行っているらしい。
そのまま「ディスクの管理」でドライブをフォーマット。
フォーマットも完了。よーし、写真をコピーだ!

が、ここで疑問が。"RAIDを解除したら、中身はどうなるんだろう・・・"

嫌な予感がしたので、新しく作ったドライブにファイルをいくつかコピー。
「SATARaid5Manager」を立ち上げて、「RAID Group」→「Delete RAID Group」でRAIDを解除する。
すると、(当然のことなんだろうけど)Windowsからはそのドライブが見えなくなり、
中のファイルもアクセスできなくなる。

・・・・・・・・・・

1TBのデータがこんなに簡単にアクセス不可になってしまうとは。
RAID解除、なんて危険な操作!

けどなあ、RAID1は、同じ内容が2つのドライブに同じように書き込まれてるだけのはず。
だから、RAIDボードを経由せずに普通につないでのぞけば、中身が見られるはず。
と思って、HDDをRAIDボードから外して、マザーボードのSATAスロットに接続してみる。

結果、片方の中身はそのまま。
もう片方はアクセス不可、というか、フォーマットが必要な状態。
どういうことなんだろう。
ネットで調べてみても、いまいちよくわからない。

というわけで、せっかくRAIDボード買ってきたけど使わないことにした。
2台のHDDはRAID無しで通常使用することに。
ソフト上でRAID解除しただけで中身の存在が危うくなるのはとんでもない話なので仕方ない。
まあ、最近は、使いやすいバックアップソフトがあるので、
そういったソフトで2台の同期をしていくことにした。

1TBで足りなくなったら、外付けの、ドライブが8台ぐらい入るタワーを買おう。

Lacie

| コメント(0) | トラックバック(0)

Lacieの外付けHDDのばらし方。

このHDDははめ込みで箱が組まれているので、ひっかかっている爪を外してやれば外れる。

IMG_8865-800.jpg

ヘラのようなものを側面下部の隙間に差し込んで、広げる。
今回使ったのは、なぜか爪やすり。

IMG_8882-700.jpg

開いた。

IMG_8890-700.jpg

中身のHDDは4つのネジと、
内側に折り曲げられた金属板で固定されているので、
そいつらを適当に外す。
そしてケーブルやらを抜いて、がぽっと抜く。

IMG_8907-700.jpg

以上、ばらしてみたHDD。

これを、先日買ったRATOC SystemsのSATAリムーバブルケースに組み込むのだ。うひひ。

reclusive days

| コメント(0) | トラックバック(0)

TAK26434-800.jpg

京都

---------------------------------------------------------------------------------------------

3連休。
風邪だろうか、たまにはげしく咳き込む。
彼女は韓国に観光のような出張に行ってしまった。
やりたいインドア系アクティビティがたまっているというのも事実なので、
ひどくひきこもって過ごしている。

昨日はひさしぶりに英会話喫茶に。
ひき逃げ、という単語が思い出せなかったことに、ちょっとひく。
ちょっときちんと単語をやりなおさないと、やばいなあ。

僕が大阪で友人と呼べる人たちがいるコミュニティーはここなんだなあ、
と再確認。

英会話喫茶、前回+1

TAK17249-800.jpg

梅田。
だんだん夜の冷え込みが厳しい季節になってきた。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

これもやらなきゃ、
あれもやらなきゃ、
でも別に急がないし、
どうせなら時間きっちりとってしっかりやりたいし、
ってな瑣事が雪ダルマ式に貯まっていって、
無意識のプレッシャーというか
ストレスになってしまってることがよくある。

あの萌え萌えチェキをスキャンしてメールしなきゃ、とか、
送別パーティーの写真をいじってブログにアップしなきゃ、とか、
あの原稿書かなきゃ、とか、
素敵なアドバイスをくれた人にメッセージを返さなきゃ、とか、
あの写真をプリントして送らなきゃ、とか、
そういったこと。


典型的な、締め切り直前まで先送りしちゃうタイプなんよね。

って、こんなこと書いてる間にやれよ、って感じなんだけどね。

doomed

| コメント(5) | トラックバック(0)

TAK25299-800.jpg

9時ごろにふとスーパーに行ったら、
半額シール貼りのオネエサンが
安ければぜひ買いたいハンバーグパンに向かって
非常にゆっくりと近づいているところだった。
これはもうすこしでパンがぜひ買いたい状態になる!
と思って、時間をつぶすために店内をぐるぐる歩き回ることにした。
15分くらい経って、オネエサンが目当てのパンコーナーの隣まで来ていたので、
「あと1周か!」と思って最後の時間つぶしに冷凍食品コーナーに行ったら、
冷凍の今川焼きがあって、
ぜひ食べたいと思い、
5個入りだと1個いくらだとか考えていて、
「はっ!」
と思ってパンコーナーに行ったら
もうパンは一個も残っていなかった。

仕方が無いので、
いつも食べている4枚切りのイギリス食パンを買って家に帰ったら、
未開封の状態の同じイギリス食パンが鎮座していた。

やはり、
どのような物事にも全力で取り組むべきなのだ。

--------------------------------------------------------------

Internet Explorerを7にしたら、
ブログのデザインが少し変な風になってしまった。
っていうか、7でみたらこうだったということか。
今までバージョン6で、つまり自分の環境のみで確認していたので、
色んなブラウザで確認することの大切さを改めて認識。
って言っても、何もしないけど。
CSSで各ブラウザ毎の設定を書けばいいんだろうけど、
IEでのデザインも心もとないのに、
そんなことできそうもないし。

あのブラウザだとこーなって、
でもこのブラウザだとこー見えるってのは
ほんと、ややこしいなあ。

Archives

Access Count

  • Total[]
    Today[]
    Yesterday[]
    Thie counter is since 2007/08/25