predawn

| コメント(1) | トラックバック(1)

IMG_4895-800.jpg

日の出の、予感。

lucky me

| コメント(2) | トラックバック(1)


IMG_4818-650.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------

雨が降らなかったのは幸運だった。
憂鬱な予報は見事に外れて、天気は良かったのだ。
深夜の登山中、頭上には尋常でないほどの星空が広がっていたし、
天気が良くないとご来光だって見られない。

------------------------------------------------------------------------------------------

IMG_4971-800.jpg

IMG_4808-750.jpg

起きたら頭が痛かった。

うるさいし、狭いし、人の出入りは多いし、時間も短い。
寝られっこない、山小屋でなんて。
というどこかで聞いた話など知らなかったかのように、
1時間半の仮眠時間ですっかり熟睡していた。

8合目の山小屋。
1人半畳以下のスペースに無理やり敷かれた重たい布団に体をもぐりこませた瞬間、
眠りに落ちる。

そして
睡眠中に"意識的な深い呼吸"を続けることなど不可能な俺の体からは
酸素がすっかり足りなくなってしまったらしい。
頭が痛かった。おまけに、吐き気までする。

"やべえ高山病だ。山小屋で寝た後が一番やばいってどこかに書いてあったな。。。"
と、後悔先に立たずとはこのこと。

仕方ない。深呼吸。
魔人ブウの気分で、深呼吸をする。
10回。
不思議。
頭痛がひいていく。

隣でめしを食っている。
なんでこんな状況で米を食えるんだ、
と思いながら、ウェイダーインを胃にだましだまし流し込む。

「もう1時半なので、頂上でのご来光には多分間に合いませーん」
というガイドさんの言葉を、「どうでもいいよ、もう、、」と思いながら聞き、
真っ暗な山を再び登り始める。
まだ先は長い。

mt fuji - 2

| コメント(2) | トラックバック(0)

IMG_4788-750.jpg

6時に"高山病を避けるために"すり足かと思うくらいの速さで歩き始めて、
7時ごろにはかなり暗くなっている。
ご来光狙いの富士登山にヘッドライトは必携。
振り返ると、光の列がゆらゆらと動いているのが見える。

------------------------------------------------------------------------

とにかく高山病が心配だった。

何年も前、アメリカのコロラドにスノーボードに行ったとき、
高度3000mアンダーのBreckenridgeで俺はばっちり高山病になってしまった。
病院に行って、鼻の穴にチューブをあてがって酸素を補った。
あの時の吐き気と、頭痛。
忘れがたい。

富士は3776mである。
ひどい目に会うに違いない。
ある人の体験談には、
2300mの5合目にバスで到着した時点ですでに頭が痛かった、とある。
そこから8時間歩いて登る。
そんなのは想像するだけでいやだ。

というわけで、富士登山の準備はそこを重点的に行われた。
食べる酸素やら、酸素ボンベ、さらには鉄分のサプリメントまで飲んで、
富士山に挑んだのだ。
「睡眠不足は高山病のもと!」という誰かの言葉を信じ、
行きのバスの中では耳栓を用いて熟睡を狙う。
そして、登坂を始めたバスの車中で、腹式呼吸をはじめる。
「意識的な深呼吸が大切です!」
どっかに書いてあった。
食べる酸素とやらをばりばりと噛み砕く。

そのおかげかどうかはわからないが、
5合目で頭が痛いことはまったくなく、
レストランでの昼食もパクパクと平らげ、
元気にスタートを切れたのだ。

IMG_4610-750.jpg

↑五合目
バス、バス、バス、そして、人、人、人。
ガイドさん曰く、
"今期一番の混雑の可能性アリ。
上のほうが渋滞するから、ご来光までに頂上に行き着けない可能性アリ。"
とのこと。

------------------------------------------------------------------

mt fuji - 1

| コメント(2) | トラックバック(1)

IMG_5096-750.jpg

下山途中、下りてきた道を見上げてみる。
アリの行列のように、人、人、人。

----------------------------------------------------------------------------------

"登らない馬鹿 二度登る馬鹿"
そして、二度と登らないであろう、俺。

とにかく人が多かった。混んでいた。
そんな富士登山。

water repellent

| コメント(2) | トラックバック(0)

IMG_4593-600.jpg

ゴアテックス製のレインウェア(その他)の
耐水撥水コーティングを修復する液体を試してみたのだ。

「ReviveX (Water Repellents)← 文字通り撥水剤」という商品。

手順としては、
・洗って、
・ぬるま湯に、レインウェアと、浸かるくらいのぬるま湯を入れ、
・ReviveXを入れ、
・10分間洗濯し、
・すすぎが始まる前に出して、
・軽く脱水し、
・乾燥機の中温で1時間乾かす
ということになる。

使える条件は、
・"乾燥機またはアイロンが使用できる衣類向け"であること
となっている。

ところで、この乾燥機にかけられる衣料専用というのがやっかいだった。
タグの
IMG_4608-600.jpg
アイロン(低温)はOK。でも、乾燥機にはかけるな、と書いてある。
この表示をどう解釈したらいいのか、
ずいぶん迷ったのだ。

これはやっぱり乾燥機にかけてはいけないのだろうか。
繊維が溶けて、だらだらになってしまったり、
繊維がはがれてしまったりするのだろうか。
でも、この撥水処理剤は"乾燥機にかける"からこそ意味のあるものらしい。
自然乾燥は絶対するな、ということである。
まあ、そもそも今のままではレインウェアの機能を果たしていないのだし、
溶けてしまったりしてだめになったら新しいの買えばいいや、
なんか新しい素材のレインウェアが発売されててそれが欲しいのだ、
と思ってとにかくやってみた。

それでも、カッパを乾燥機にかけるのはちょっと勇気のいる作業だ。
10分間の選択の後、どきどきしながら乾燥機にかける。

なにはともあれ、結果は良好。
撥水力が復活してる!
撥水スプレーをあれだけかけてもすぐにだめになっていたのに。

と、まあ、
それだけですが、
この情報はとても有益だと思う知り合いがいるはずなので、
その人がこれを見て、
試してくれることを
節に願います。

another vulture?

| コメント(3) | トラックバック(0)

IMG_5306-750.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------

ケビンカーターがスーダンで、
餓死寸前の少女をハゲワシが狙う写真を撮影し、
ニューヨークタイムズ紙に掲載されたその写真は、
ピュリッツァー賞をとると共に、
多くの批判も招き、
それを苦にして本人が自殺する。

"The man adjusting his lens to take just the right frame of her suffering,
might just as well be a predator,
another vulture on the scene."
(The St. Petersburg Times)

報道と人命のどちらをとるのかという論争。

--------------------------------------------------------------------------------------

秋葉原の件を見ていると、
カメラを手に何をすべきかという問題は、
報道に従事する人間のみがもつジレンマではなくなっているのだと
改めて実感する。
携帯電話を含め、たくさんの人が撮影機材を持ち歩いている。
秋葉原では、実に多くの写真が、報道関係者でない人々によって撮影されたのだ。

カメラを手に、どの行動を選択するか。
人の身に起こったことを記録することを生業として選んだ人々でさえ,
答えを出すのに苦しむジレンマ。

権利には、義務が伴う。
そして、義務が正確に認識されるまでに多くの間違いが生じることがある。
通りすがりに遭遇した報道価値のある何かにカメラを向けるとき、
another vultureになり得るのか、また、なる覚悟は出来ているのか。

興味深い時代になった。

your life sucks

| コメント(4) | トラックバック(0)

TAK24044-750.jpg

---------------------------------------------------------------------------

先日北堀江で、
「Your life sucks coz you suck」と書かれたTシャツを着た人がいて。

別にそんなTシャツちっとも珍しくない。
でも、まあ結構失礼な言葉だよなあ、そうやってまわりをけなしまくってんだよなあ、
とか思いながら、ぼーっとその人が通り過ぎていくのを見ていたのだけれど。

でも今日思った。そうでもないな。
結構含蓄のある言葉かもしれない。

別に人生でなくってもいいんだけど、
例えば何かの集まりがつまらなかったとして、
その原因を、
いわゆるムードメーカー的な人がそこにいないせいにして、
つまらないやつばっかりの集まりだと思っていたとしたら、
それはやっぱり自分もつまらない人の1人だということなんだろう。

つまり、You suck。

ってか、
真剣につまらない人なんて、そんなにいない、のだ。
自分がそう思ってるだけで、
そう思ってしまったら、人の魅力に気付くことなんで出来ないだろうし、
その結果、自分は永遠につまらないヤツで、
周りの文句ばっかり言うことになるのだ。

つまり、Your life sucks。

---------------------------------------------------------------------------

今日は、
靴と、
ヘッドライトと、
方位磁石付きの温度計と、
靴下と、
酸素ボンベと、
ゴアテックスに撥水加工する液体を買った。

---------------------------------------------------------------------------

英会話喫茶、前回+1

chachacha

| コメント(3) | トラックバック(0)

TAK24071-750.jpg

北堀江、「たちばな通り」ら辺。
今日見た映画にこういうのが出てきた。

--------------------------------------------------------------------------------

日曜日の今日。
太陽の自己主張が激しい時期。
環状線に乗って桃谷へ。

コリアタウンの鶴橋の隣駅である桃谷駅から歩いて15分くらい。
御幸通商店街(西、中央、東)。
そこらじゅうでチヂミや肉が暑くるしく(暑いんだから仕方ない)焼かれていて、
キムチが所狭しと広がっていて、
豚の頭とか足がごろごろしている。

加えて。
今日は何か特別だったらしく、
韓国から来たアイドル(?)がとってもローカルなコンサートを開いている。
商店街を完全に遮断する形で行われていて、
わき道を迂回しないと先に進めない。
仕切っている人がものすごい興奮状態で
韓国語で何か叫んでいる。
なにやら昭和な歌と衣装と振り付け。
青い、ジャケットの形をしたものを着ている。
曲が終わるごとに送られる、黄色い(?)声援と拍手。
歌っている本人も人だかりも
とにかく汗だくである。

韓国語はまったくわからないが、
とくかく「ちゃ」が多い曲だったので。妙に耳に残ってしまった。
♪♪ちゃちゃら ちゃら ちゃら ちゃっちゃっちゃっ♪♪。
伴奏ではなく、これが歌詞である。
ムーディー勝山みたいなものを思い浮かべてくれたらいい。
そして、ちゃっちゃっちゃっにあわせて、右手をアヒルのように顔の横でぱくぱくさせるのだ。
変わった振り付けだ。
う〜ん、曲がまだ頭から離れない。

--------------------------------------------------------------------------------

その後で、妙に腹をこわしながら梅田に移動して
「インディージョーンズ」を観た。
期待して観たけれど、
ちっともがっかりしなかった。
こういうことはとてもめずらしいことだ。

ところで、キムチの匂いというのは、すごい。
桃谷で買ったキムチとチヂミが
(何重にも重ねた袋にも関わらず)
シアターですごい匂いを発している。
映画を観ている最中も
足元からたまにキムチのにおいがぷーんと漂ってきて、
今日は桃谷に行ったのだということを
幾度も思い出させてくれたのだ。

Qui-Gon Jinn

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_4541-750.jpg

Star WarsのQui-Gon Jinn。
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場するジェダイ・マスター。

---------------------------------------------------------------------------------------

いつ、どうして作ったのか覚えてないのだけれど、
フォルモ(という石粘土)でつくったものは、これしか手元にない。
残りは(といってもそんなに数はないけど)実家に置いてある。

作ったのは胸部のみで、高さは8センチくらい。
確か1週間くらいかかったと思う。
塗装はしない(というか、へたくそなので、しない)ので、サーフェイサー吹いただけの状態。

見てみたいという人がいたので、アップしてみました。

ブログ一覧

アーカイブ

アクセスカウンター

  • Total[]
    Today[]
    Yesterday[]
    Thie counter is since 2007/08/25